中孝介
中孝介
PROFILE

鹿児島県奄美大島出身、在住。

高校生の頃、独学でシマ唄を始める。
2000年の奄美民謡大賞で新人賞。同年、日本民謡協会の奄美連合大会で総合優勝。

2006年3月1日EPIC RECORDS JAPANよりシングル「それぞれに」でデビュー。
2006年10月11日ミニアルバム「なつかしゃのシマ」リリース。
2006年11月3日には台湾で日本より先行してフルアルバム「触動心弦」をリリース。
このフルアルバム「触動心弦」は台湾でのyahooMusicチャートでは最高位1位を獲得。

2007年4月11日、3rd single「花」をリリース。
森山直太朗作曲、詩人御徒町凧作詞による「花」は世代を超えたヒット曲となり、2007年を代表する1曲となる。

2007年7月11日には待望のファーストアルバム『ユライ花』をリリース。
オリコンウィークリーチャート初登場7位を記録し、その後もロングセールスを記録。

2007年9月には初の全国ツアーを実施。10月5日には台湾での単独公演も成功させる。
続く2007年11月14日には4th single「種をまく日々」をリリース。

2008年春にはカジュアルブランドGapのキャンペーンモデルとして日本国内でビジュアル展開され大きな話題となる。
4月9日には5枚目のシングル「春」をリリースし、更に幅広いファンの支持を得る。
そして9月3日には中孝介の強い想いが込められたシングル「絆」をリリース。
続く10月1日は待望のセカンドアルバム『絆歌』を発表し、全国12箇所のホールツアーを敢行。

また、台湾で公開された映画『海角七号』に中孝介本人役として出演。この映画が歴代台湾映画の興行収入を塗り替える大ヒットとなる。
2008年10月に中華圏でリリースした中孝介のアルバム『心絆情歌』も、台湾ヒットチャートで1位を獲得するヒットを記録。
2009年3月にシングル「恋」をリリース。9月には話題歴史大作映画『火天の城』の主題歌「空が空」を発売。
9月14日のオリコンシングルデイリーチャートで自身最高位である10位を獲得。

2010年4月21日にはコンセプトミニアルバム「うがみうた~絆、その手に~」をリリース。
2010年5月3日より全国11箇所を回るコンサートツアー「うがみうた2010」を実施。

2011年、同郷で先輩の元ちとせとお互いの名字をとって「お中元」というユニットを結成。
2011年3月9日、お中元のデビューシングル「春の行人」を発表。

2011年10月19日、3rd Album「キセキノカケラ」をリリース。
2011年12月より全国コンサートツアー「キセキノカケラ」を全国11か所で開催した。 

LIVE
7.28.Sat