UNCHAIN
UNCHAIN
PROFILE

1996年、中学の同級生だった谷川正憲(Vo&Gt)、谷浩彰(B&Cho)、吉田昇吾(Dr)の3人で結成され、後に1年後輩の佐藤将文(Gt&Cho)が加入し現在の編成となる。ブラック・ミュージックのエッセンスを絶妙にブレンドした、グルーヴィーなロックを鳴らす京都府出身の4ピース・バンド。
特にVo谷川は聞く者を圧倒する歌唱力を持つ。

2005年インディーズ・デビュー。『the space of the sense』、『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』の2枚のミニ・アルバムをリリース。

2007年ミニ・アルバム『departure』でメジャー・デビュー。同年ミニ・アルバム『rejoice』リリース。

2008年ファースト・フル・アルバム『rapture』リリース。全編英詞によるグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作を作り出し、各方面から大絶賛される。 2008年秋からバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作リリース。

2009年セカンド・フル・アルバム『Music is the key』リリース。英語詞/日本語詞の楽曲を織り交ぜ、さらに幅の広がった音楽性はバンドの新たなフェイズへの突入を告げた。

2009年、ロック濃度を増した2枚のシングル『Gravity』 『The World Is Yours』をリリース。

2010年七夕、ダンス・ロック/メロコア/ゴスペル/ファンク/ポップスなど雑多ジャンルを昇華した、進化の結晶である3rdアルバム『Hello, Young Souls!!』をリリース。

2011年4月にはUNCHAINの2大ルーツである【Rock】と【Soul】をコンパイルしたコンセプト・ベスト・アルバム『Rock Flavour』と『Soul Flavour』を2枚同時リリース、それぞれの盤には1曲づつの新曲とライヴDVDがカップリングされている。

そして2011年4月、Shibuya WWWにてバンド自身初となるワンマンライヴ2Daysを決行。 両日共にSOLD OUTの大絶賛を浴びる。 同時に4年間在籍したavexから独立し、新たなレーベル「STYLE_MISSILE records」を立ち上げ新境地へと向う。

2011年6月に「STYLE_MISSILE records」から全曲日本語詞の新機軸アルバム『SUNDOGS』をリリース。 「壊し続けるスタイル 貫き続けるミサイル」をテーマにUNCHAINの新たな一面をフューチャーした意欲作となる。

LIVE
8.21.Tue