KG
KG
PROFILE

15歳でアメリカに渡り、ダニー・ハザウェイ、マーヴィンゲイとの劇的な出会いによってブラックミュージックの世界に引き込まれたKG。
帰国後、2004年からKGとして活動を始め、2009年にユニバーサルシグマでメジャーデビュー後、duet withシリーズとして配信リリースした楽曲がレコチョクのチャートですべてTOP10入りという快挙を成し遂げた。2010年末にレコチョクの「2010年 年間新人ランキング」で堂々の3位、「日本ゴールドディスク大賞 ザ・ベスト5ニューアーティスト」を受賞する。
2012年、KG第2章としてソロ・ヴォーカリストとしての実力を遺憾なく発揮したシングルのリリースが決定した!
軽快なビートの上に、長年培った確かなスキルでヴォーカルを載せていくKG。別れの曲だが、決してネガティブな歌詞ではなく、女性からもらった光のような優しさや勇気が源となってもって前へ進む、別れの中に前へと進む勇気をブレンドした切ないポジティブソングとしての楽曲だ。
カップリングにはJUJUの名曲「やさしさで溢れるように」を収録。KGの持つブラック・テイスト溢れるヴォーカルと、ギター&ピアノのシンプル且つ絶妙なブレンド感が、名曲に新たな息吹を与えた傑作カバーだ。
スモーキーで温かな倍音が心に響く唯一無二な歌声と、ソウルフルでエモーショナルな歌を身の上とする注目のシンガーソングライター、それがKGだ。

LIVE
8.4.Sat