佐々木祐滋
佐々木祐滋
PROFILE

佐々木祐滋(ささき ゆうじ)

1970年6月6日生まれ
福岡県博多区出身のシンガーソングライター。
広島平和記念公園にある『原爆の子の像』のモデルである『佐々木禎子』の甥。
被爆二世。

ロックバンドのボーカルとして活動中に佐々木禎子の甥としての経歴から、ある一人の被爆経験者に「あなたには禎子の物語を語り継ぐ責任がある」と告げられ、2000年ロックバンド「GOD BREATH」を結成し、叔母である禎子を語り、歌を通じて「思いやりの心」「命の尊さ」を訴える活動を始める。
現在、特定非営利活動法人SADAKO LEGACYの副代表理事を務める。
禎子をモチーフにした楽曲を作り、世界各地で高い評価を得る。 また全国の小中学校での講演会&ライブ活動を積極的に取り組み、各地の平和イベントにも参加している。
2012年現在、講演会&ライブを行った学校の数は数百校を数え、2011年3月11日の東日本大震災での福島原発事故以降は、さらに講演会の依頼が殺到している。

2009年からはソロ活動をスタートさせ、禎子の思いを綴った曲『INORI』(2010年7月21日発売)でソニーミュージックレコーズよりメジャーデビュー。

同曲を歌う「クミコ」は、2010年NHK紅白歌合戦にこの『INORI』で初出場し、ヒットメーカーの仲間入りを果たした。
さらに、エリック・マーティン(MR. BIG)による大ヒット・カバーシリーズのベスト『MR. VOCALIST BEST』(2011年4月リリース)にも、新録音源としてこの『INORI』が収録されている。

LIVE
7.30.Mon