Tomo
Tomo
PROFILE

 現在では世界のクラブ・シーンをリードする国として誰もが認めるUK。そのUKシーンで、HOOJ CHOONSから'90年にデビューを果たし、日本にヨーロッパスタイルのクラブシーン、バレアリック・スタイルのDJプレイを持ち込んだパイオニア。
 DJとしては、'90年代に1000人級の動員を誇っていた、歴史に残るクラブパーティー“Club VENUS”、“X-TRA”のレジデントDJとして、アンダーワールド、ケミカル・ブラザーズ、ファットボーイ・スリムらの初来日時の共演DJとして、さらには“RAINBOW 2000”、“Electraglide”といった大型イベントへの出演を通して、揺るぎないキャリアを築いてきた。また、ブレイクビーツからハウス、トランスまで、幅広いジャンルのコンピレーションでDJミックスを13枚手がけており、ミックス・プロフェッショナルとしての信頼も厚い。
 クリエイターとしても、角川映画「リング/らせん」の主題歌を手がけたPOPプロジェクトH II Hでは、「feels like HEAVEN」をスマッシュ・ヒットさせている。2005年には、UKの名門レーベルTip Worldの人気コンピ『Raja Ram's Stash Bag 3』に「Paranoid」を提供。これはTip Worldから初の日本人リリースとなった。2009年には、大沢伸一氏の『TEPPAN-YAKI -A Collection Of Remixes』に「EEAA」で参加。同氏の『SO2』(2010年)でも二曲を共作。2012年にはShinichi Osawa + Tomo Hirata名義で「SPANKICK」を発表した。
 ちなみに2011年まで17年間発行されていたクラブ系音楽専門誌『LOUD』の創刊者でもある。LOUDは現在、ウェブマガジンの『iLOUD』、ネットラジオ番組の『Loud Essentials』で活動を継続中。

LIVE
7.8.Sun