南波志帆 × コトリンゴ
南波志帆 × コトリンゴ
PROFILE

1993年6月14日生まれ。福岡県出身。

プロデューサー矢野博康との出会いを機に、自分の個性的な声を最大限に活かせるシンガーとしての道を歩むことを決意。
2008年11月、“マジック・ヴォイス”と表現される、ゆるふわかつフレッシュで、透明感ある歌声を武器に、ミニアルバム「はじめまして、私。」でLD&Kよりデビュー。
2009年9月にリリースしたセカンド・ミニアルバム「君に届くかな、私。」が、各CDショップのインディーズチャートにランクインし、インディーズシーンで注目される存在に。
そんな彼女が、6月23日にメジャーデビューアルバムとなる「ごめんね、私。」をリリース。
2011年6月15日には、作曲に山口一郎(サカナクション)、作詞に小出祐介(Base Ball Bear)を迎えたTOWER RECORDS限定販売のセカンドシングル「こどなの階段」をリリースし話題に。
2011年7月20日には待望のファーストフルアルバム「水色ジェネレーション」をリリースした。

そんな南波志帆のサードシングル『少女、ふたたび』(2012年3月7日発売)が、MBS・TBS深夜ドラマ「家族八景 Nanase,Telepathy Girl's Ballad」の主題歌に決定!!
作詞は、前作 こどなの階段 を手がけたBase Ball Bearの小出祐介、作曲はサウンドプロデューサーの矢野博康が担当。
2012年4月6日から「NATURAL BEAUTY BASIC」((株)サンエー・インターナショナル)の新TVCMにて南波志帆が歌唱を担当することが決定し、
1983年にリリースした松田聖子の「天国のキッス」をカバー、大きな反響を得た。

彼女の凛としたすがすがしいたたずまい、まっすぐで存在感のある歌声は数多くのミュージシャンとクリエイターを魅了し、今後の動向に注目が集まっている。

LIVE
7.12.Thu