半崎美子
半崎美子
PROFILE

札幌大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京。
パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
右も左もわからない音楽活動は、人一倍の行動力と、楽曲が放つ独特なパワーにより、
少しづつ、波紋のように広がっていく。
2008年の1stミニアルバム「ギフト」を発売、
それ以降、2nd、3rdミニアルバムを次々発売し、収録曲は、iTunes、着うた、
カラオケDAM、ジョイサウンドに配信。
同時期にAIR−G(FM北海道の音楽番組のレギュラーパーソナリティとしても活躍。
渋谷duo、札幌時計台ホールの発売記念ライブを経て、
渋谷0-WESTのワンマンライブの際に東日本大震災後に感じた思いを綴った自作曲が、
ニッポン放送の「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」で取り上げられ、生演奏を披露。
まだタイトルのなかったその歌に「希望の桜」と鶴瓶さんが名前をつけてくれる。
オンエア後、多くの反響と、CD化の要望がHPに寄せられ、
急遽「希望の桜」スペシャルシングルを制作し、現在発売中。
12月に、初のおホールライブをめぐろパーシモンホールにて行い大盛況に終わる。
今年9月には、SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてワンマンライブが決定している。

毎日を懸命に生きる人々を、自分自身と向き合う心を、
誰もが胸の奥にしまってある大切な気持ちを、
見た目からは想像もつかないような力強い声で歌うライブパフォーマンスは、
なにもない普通の、いつも通りの毎日が、
実は特別なものであることを気づかせてくれる。

LIVE
7.19.Thu