音霊スペシャルアーティスト
スパンカーズ

07.01.sun

SPANKERS from ITALY

イタリア出身のDJ/プロデューサー、パオロ・オルテリとルーク・デグリーによるユニット、スパンカーズ。
これまでに"セックス・オン・ザ・ビーチ"、"チュパリコ"、"エヴリワンズ・ア・DJ"の3枚のシングルをリリースし、世界中で50以上のチャートにランクイン、80作以上のコンピレーション・アルバムに収録され、特に"セックス・オン・ザ・ビーチ"は日本、イスラエル、韓国でチャート1位を記録。
YouTubeでは"エヴリワンズ・ア・DJ"のミュージック・ビデオが、Kontor TV YouTubeチャンネルで100万PVを記録し、"セックス・オン・ザ・ビーチ"のミュージック・ビデオはなんとトータルで2000万以上のビューを達成。
アメリカのCBSテレビで放映されている人気テレビドラマ『CSI:マイアミ』やMTVの人気プログラム『MTV Jersey Shore』、そしてオーストラリア映画『The Kings Of Mykons: Wog Boy 2』を含む10タイトル以上の映像作品の中でも彼らの楽曲が使用され、その人気を物語っている。
これらのヒット・シングル3曲に加え、スヌープ・ドッグやクーリオ、ビッグアリなどの豪華スターを迎えて制作された「365」はデビュー・アルバムにして既にベストアルバム級!

リンク
2012年6月20日(水)アルバム『365』発売! http://www.avexnet.or.jp/spankers


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

ポール・ライト

07.07.sat

Paul Wright from USA

ポール・ライトは メジャーレーベルで10万枚以上の売上を記録している欧米の人気アーティスト。オレゴン州、ユージーン市出身のライト氏。
彼は今まで何度も全米ツアーをこなし、とくに西海岸では人気が高い。彼の歌はロック、レゲエ、そしてアコースティックを混ぜたとても賑やかで親しみやすいスタイル。
ヒット曲:「From Sunrise To Sunset」を始め、彼の曲は何度もシングルチャートのトップ10に登っている。
2007年に「ROOTDOWN (Rock/Reggae)」[「ルートダウン (ロック/レゲェ)」] と言うバンドを組み、現在そのリードを務めている。彼らは100校以上の欧米大学キャンパスをまわり、近日メキシコのカボで行われたカボ・セレブリティー・ゴルフ・トーナメントでも演奏した。
ライト氏は音楽活動以外ではバスケットボール、サーフィング、アウトドア、そしてハワイに旅行するのが趣味らしい。

リンク
http://www.paulwright.com
http://www.facebook.com/paulwrightmusic2
http://www.twitter.com/pauldavidwright



当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

マイネーム

07.10.thu

MYNAME from KOREA

韓国トップのR&B歌手Hwanhee(ファニ)がプロデュースした、5人組最強ビジュアルグループ(コヌ、インス、セヨン、ジュンQ、チェジン)。
ハードなダンス曲からせつないバラード曲まで幅広い音楽ジャンルを表現できる演技力まで取り揃えたモンスター新人!
“本人の名前をかけて活躍するチーム”ということから「MYNAME」と名付けられ、一人ひとりが個性豊かな個人でありながら、チームとしての団結力も強いという意味合いを持っている。

リンク
http://www.myname-jp.com/


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

パク・ヒョンビン

07.10.thu

パク・ヒョンビン from KOREA

韓国で絶大なる人気を誇る新世代トロット歌手。「トロット王子」の愛称で呼ばれ、歌謡界に新しい旋風を巻き起こしている。
持ち前のベビーフェイスと誰もが口ずさみやすい歌詞に明るいメロディーが韓国サポーターの支持を受け、新人歌手しては異例の国民的大ヒットとなった。
2006年ドイツワールドカップ開幕に標準を合わせ、応援歌「パラパパ」で衝撃のデビュー。デビュー直後の新人にもかかわらず、ソウル歌謡大賞成人歌謡部門本賞をはじめ、伝統歌謡大賞新人王、WBS大韓民国トロット歌謡大賞など、歌謡賞を総なめにし、韓国歌謡界に伝説的旋風を巻き起こた。
その後も、パワフルな歌声と甘い歌詞で若い世代から年配の人たちまで全方位からの好感度を得て、シングル「シャバン シャバン」の大ヒットへとつながる。
デビュー2年目にして伝統歌謡の最高賞である「歌手王」の座を手にし、韓国歌謡界の歴史を塗り替えた。

リンク
http://www.parkhyunbin.jp/


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら








STEVIE HOANG

07.15.sun

STEVIE HOANG from UK

UK出身で『R&B界の口コミ王子』と呼ばれる美メロ系R&Bシンガーソングライター、音楽プロデューサー。大学時代に音楽テクノロジーを専攻し、インディーズレーベル「Happenin Records」と契約、音楽プロデューサーの道を歩み始める。
2006年に自身のMyspaceを開設すると、瞬く間に延べ2,000万回を超える視聴回数を記録し、UK・USの両Myspace ChartでTOPを飾った。
2007年12月、UKにて1st AL『this is me』をセルフリリースし、手売りで5,000枚を販売。日本ではLexingtonとディストリビューション契約をして、40,000枚以上の販売を記録している。
2009年9月にavex traxから、2nd AL『All Night Long』をリリースし、2度目の来日を果たす。その際に5日間で11カ所ものクラブを回るクラブサーキットを敢行し、シーンにセンセーションを巻き起こした。
2010年7月には3rd AL『NO COMING BACK』をリリース。再来日した際にはagehaや野外フェスなどビッグイベントに出演し、その存在感を不動のものにした。そのアルバムは、LADY GAGAのプロデュース等でも知られるRED ONEがプロデュースを担当した事でも話題に上った。更に翌年の7月には4th AL『SUMMER LOVE』をリリースし、Iyaz(アイヤズ)やMay J.とのコラボが話題になり、ビッグセールスを記録した。
そしていよいよ2012年8月22日(水)にファン待望の『All For You』をリリースし、OTODAMAへ出演へ決定!今年の夏も、トキめく胸キュン・チューンが鳴り響く!

リンク
http://www.avexnet.or.jp/stevie/index.html


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

JUNO

08.01.sun

JUNO from KOREA

JYJジュンスの双子の兄。
187cmという高身長、健康美溢れたプロポーションで、2008年頃より、韓国のバラエティ番組出演、CMモデルとしても活躍する等、アーティスト活動を始める前から話題を集める。
2010年中国にて正式に芸能界デビュー。中国歌謡界では「2009年勁歌王世界華人楽壇年度総授賞式」にて新人賞を獲得。
2011年活動の拠点を本格的に日本に置き、活動を開始。8月エイベックスより「Fate」でデビュー。同時発売で浜崎あゆみのMINI ALBUM「FIVE」に収録されている楽曲「Why...」でコラボレーションも実現。ブランドLANDS OF Eden.との広告契約や「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」ではモデルとして参加。
BeeTVドラマ「快感ストロベリー〜秘蜜の花園〜」で本人役で出演を果たす等、俳優業もスタート。さらにこのドラマの主題歌に起用された2nd single「believe...〜君を信じて〜」がオリコン週間ランキング10位を獲得。
5月16日に3rdシングル「Everything」のリリースを控え、アーティスト業はもちろん、俳優業やモデルとしての活動もスタートする等、多彩な才能に期待が高まる。

リンク
http://juno-jp.net/index.html


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

eli walks

08.19.sun

eli walks from LA

音楽一家に生まれたイーライ・ウォークスは、幼い頃から豊潤なサウンドに刺激を受け続け、すぐに音楽の魅力に取りつかれる。若くして、ギタリスト、作曲家、そしてプロデューサーとして活躍し、早い段階で才能を見出される。2005年までは日本でバンド活動を行っていたが、その後LAに渡米。2006年には本格的にサウンド・デザイン、プログラミング、エンジニアリング、作曲を勉強するため、名門カリフォルニア芸術大学に入学。Monolakeが開発した画期的な音楽ソフトウェア「Ableton Live」に関するレクチャーを行えるまでになるなど、音楽理論を徹底的に吸収。eli walksの原点となる多様なスキルを身につけていく。
再び拠点を日本に移した後、2011年4月に開催された「SonarSound Tokyo」でのサウンド・インスタレーションを皮切りに、Prefuse 73来日公演、Flying Lotus率いるレーベルの名を冠したショーケース・パーティ「BRAINFEEDER2」、オーディオ・ビジュアル・イベント「REPUBLIC」、年末カウントダウンのGOLD PANDA来日公演など、2011年多くのビッグ・イベントに出演。2012年もModeselektorやSNDの来日イベントに出演を果たし、各方面から大きな注目を集める中、満を持して初のオリジナル作品となるデビュー・アルバム『parallel』を<MOTION±>からリリース。常に音楽を作り続け、現在までに400曲以上作曲。磨き続けた類まれなセンスと確かな嗅覚によって創り出されるトラックはいずれも瑞々しい魅力を帯びている。
尚、イーライ・ウォークスは今年7月に開催される「FUJI ROCK FESTIVAL ’12」へ出演することが決定している。

リンク
http://motion-pm.com/?p=228


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら

eli walks

08.31.fri

Donavon Frankenreiter
from CA

ドノヴァン・フランケンレイター。1972年12月10日、カリフォルニア州生まれ、現在ハワイ州カウアイ島在住。
13歳からBillabongにスポンサーされるプロ・サーファーであり、今日の「サーフ・ミュージック・シーン」を代表するミュージシャン。
2004年、1stアルバム『Donavon Frankenreiter』からシングル「Free」が日本でも大ヒット。数々の来日公演やフェス出演を重ね、2ndアルバム『Move By Yourself』(06)、3rdアルバム『Pass It Around』(09)、4thアルバム『Glow』も確実にヒットさせてきた。楽曲だけでなく、ライフスタイルに感銘を受けるアーティスト。サーファーからギター好き、キッズ、、、言わば老若男女、性別年齢ジャンル問わず、皆に愛される明るいキャラクターの持ち主。
スポンサー:Billabong、Cordoba Guitars、Coutour Cameras、Hobie Surfboards、Map Cargo、Martin Guitars、Sanuk、Verizon Wireless、Von Zipper

http://www.donavonf.com/


当日の出演アーティストはこちら
当日の出演アーティストはこちら





スペシャルアーティストのスケジュールはこちら!
6月
             
             
             
             
          29 30
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
9月
            1
2