宏実
宏実
PROFILE

4歳から生田流箏(こと) を始め、幼少期から伝統的な「和」の音楽に触れ育つ。

高校卒業後にはボストンに留学し本場アメリカでR&Bシンガーとして音楽活動を開始しボストンのラジオ局「Star 97.3」主催のコンテスト「North End Idol Contest」にて優勝するなど才能を開花した。

帰国後都内のクラブを中心に精力的にライブ活動をスタート、音響設備のままならない小箱や商業施設でも彼女の圧倒的な歌唱力、透明感溢れる倍音の強い美しい歌声、「和」、「洋」が融合した音楽性は共演アーティストや関係者を中心に「RAINBOW VOICE」と称され、2008年にデビューミニアルバム「TRUE COLORS」リリースを皮切りに一気に注目を集める。

翌年2009年には初のフルアルバム「RAINBOW」をリリース、先行デジタルシングルカットされた「WHY feat. Full Of Harmony」はインディーズでは異例の大ヒットを記録し[レコチョク担当者が選ぶ2009年J-POP BEST 5]で見事1位を記録した。また同アルバムからリリースされたシングル「愛されたい」はフジテレビ系「なべあちっ!」のエンディングテーマ、「VANILLA」はアメリカの人気ダンス映画「STEP UP2」の日本語版トレーラーイメージソングに選ばれている。

2011年には2枚目のフルアルバム「MAGIC」をリリース、インディーズながらiTunes 総合チャート7位、R&B/ソウルチャート1位を記録する。

またこの年中国内モンゴルで開催される中国、モンゴル、日本、ロシア、韓国5カ国合同国際音楽祭「2011 愛在草原」に日本代表アーティストとして選ばれ、約5万人の観客が「RAINBOW VOICE」に酔いしれた。日本から来た歌姫として地元メディアにも大々的に取り上げられる。

2012年には3枚目のフルアルバム「HONESTY」をリリース、初のワンマンライブツアーを実現する。(東京ツアーファイナルはソールドアウト、追加公演が決定)

2013年2月にはデジタルシングル「DON’T SAY IT’S OVER」をリリース、台湾iTunes R&B/ソウルチャートにチャートイン、3月にはデジタルシングル「REASON –I STILL LOVE YOU -」をリリース、レコチョククラブうた、フル共にウィークリーチャート1位を記録する。

今年でデビュー5周年を迎え、これまでの自身の楽曲をリメイクした曲や新曲などを収録した自らの軌跡として企画された特別アルバム「Incomplete - Traces of 5 years -」リリースが決定。デビュー5周年を迎える2013年、宏実の活動に注目が集まる。

LIVE
7.20.Sat